RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ニールセダカを「ニール瀬高」という日本人だと思ってるやつがいる

2013.01.16 Wed
おつ~

遂にまた年が明けてしまいましたか・・・

昨年は色々ありまして、ヴィンテージスタジオ業務が一時中断しておりましたが今回、久々にMEGプロジェクトを再始動。

一年近く前、話だけは出ていたボカロさんを使ってのアニソン企画でやろうと思っていた「星空のBelieve」という曲に先月から着手しており、今回ようやく一段落つきました。

当初、演奏はScene-Eのホストバンド「Love Elephant Five」にお願いする予定でしたが、「ゆるきゃら系ファンクバンド」と銘打って集めたメンバーだけに関係性もやる気もゆるかった~。

メンバーの要であったドラムの山田まいどん(やまだ舞)がドラムセットに座ると手が震えるという「新型うつ病」でダウンしたのを契機にメンバーが次々と脱退。第一期Love Elephant Fiveはあえなく終了してしまいました~。

ということで今回も、Scene-Mのホストバンド「完全プロ志向」にバックを依頼。

Scene-Eは70年代サウンドをクリエイトする為に立ち上げたプロジェクトで、当初はアーリー70な音を想定していたのだが、やっぱりもう少し先に進んで75年周辺の音に挑戦するプロジェクトに変更しようと思いたち、作業に取り掛かったのが先月・・・

難しい~

60年代はごちゃごちゃっとすればなんとかごまかせた様な所があったが、70年代半ばともなってくるとそうは行かない感じ。機材は進歩し、エンジニアの技術も相当高くなってきているので、ごまかしがきかない・・・。

各楽器、しっかりと演奏してキッチリ音を作った上で音圧を上げないといけない。正直、60年代サウンドより簡単にいけるかと思っていたが、そうはいかない。

ここ一ヶ月、傷だらけで取り組み、泣きながら70年代中期サウンドをモノにしようとふんばった結果、遂に・・・

出来なかった・・・。


とりあえず出来上がったのはこれ・・・


結局、わりと普通のサウンドになってしまった~(その後、納得がいかなかったのでミックスしなおして再アップ。その音源に指し換わってます~)

これまで一番制作に時間がかかった楽曲だったのに残念な結果に・・・。しかも圧縮ファイルの音の劣化が酷いこと~、決してヘッドフォンでは聴かないで下さい。

「星空のBelieve」という曲は「ボカロさんに歌をお願いするならやっぱりアニソンをやらなきゃ」という意見の中、アニソンをよく知らない僕が「とりあえずガンダム」という安易な発想でガンダム関係の楽曲を漁って見つけた曲。
ゼータガンダムのエンディングテーマであるこの曲は、何故かニールセダカの作曲で、素晴らしい「美メロ」、そんでもって詞はキャンディーズでお馴染み、大好きな竜真知子ときたら、取り上げずにいられないだろう~

アレンジは初めソフトロック的な方向で考えていたのだが、結局ブラジリアンサウンドに落ち着きました。

メンバーは以下

■ボーカロイド:初音ミク、巡音ルカ

■完全プロ志向
メンバー:渡の瀬哲也(Dr)、喜屋武アルフォンソ(Wurlitzer) 麻宮麗未(B)
サポート:渡の瀬辰男(Prc)、野瑠木アーケストラ&野瑠木グルーヴホーンズ

ま、いつも通りの連中ですな。

ありえない位の時間を割いて制作したにも拘わらず納得いく作品に仕上がらなかったのはエンジニアとしてとても恥ずかしく悔しい思いで一杯ですが、この一ヶ月間で相当得るものはあった。
しばらく悩んでいた音処理の解決方法が見つかり、次のステージに進めそうなイメージが出来た。
次回は何とかして70年代サウンドをモノにしたいと思います~。


ということで暫くブログの更新が出来ませんでしたが、明日から普通のアマチュアジャーナリストに戻ります~(笑)

スポンサーサイト
Theme:ボーカロイド | Genre:音楽 |
Category:Scene-M | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ニコニコ動画対応、初音ミクと彼女の完全プロ志向 アニソン第一弾は!?

2012.02.25 Sat
ということで、「にこ道」を極めるべく?「初音ミク+アニソン」という組み合わせで、ニコニコ動画にリリースしてみたが・・・


初音ミク と彼女の完全プロ志向  ハクション大魔王の歌


youtubeのはテストマスタ版でこっちが本マスタ
なのだが、違いは殆どわからない~

さらに、ニコ動住人には、ちとディープ過ぎるアレンジだったかな

僕は、初音さん達にかなり人間っぽく歌ってもらってますが、使い方間違ってんのかな?

大概の人達はロボットボイスかボーカルが埋もれまくりで、活舌が悪いのだが・・・

それが初音さん達の魅力なんだとしたら、僕はどうも使いこなせてないという事になる

個人的には、もっと皆ちゃんと歌わせて欲しい気がする~


まだ、使い始めたのが今年に入ってからで、試験的に二曲取り組んでみただけなんで、

ま、ボーカリストとは別物の、あくまで「ボーカロイド」としてイメージやアイディアは色々

浮かんで来てはいる

一応、ツイッターでは「MEGスタジオ録音史上最高の出来」とか書いてしまったが

やっぱりオリジナルの方がいい音してる・・・



まだまだ精進が足りません・・・



Theme:初音ミク | Genre:音楽 |
Category:Scene-M | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

ファミコンのチャンピオンシップロードランナーのジャケには「警告! ロードランナー未経験者お断り!」と書いてあった~

2012.02.22 Wed
おつ~

今月は全然ブログ書けてない・・・

先月は11記事も書いたのに、今月はボカロの事しか書けてない~

まぁ、今回もボカロの絡みになるんですけど・・・

前回もお伝えした通り、「M.E.Gプロジェクト」ではニコニコ動画対策として、アニソンに取り組む事になり、Scene-Eのラヴエレファントファイヴに「Zガンダムの歌」をやってもらう事になっていたのだが、

アニソンに難色を示していたScene-Mの悪羅悪羅系ラウンジバンド「完全プロ志向」の方が先にあがって来た感じ


ということで、アニソンを知らない連中が選んだ曲は

初音ミク と彼女の完全プロ志向 ハクション大魔王の歌



テストマスタ版ですが、ひっそりとYouTubeにリリースしてます。

テンポを若干落として、ヘビィな60sソウルにしてみました~

そしてエンディングは調子に乗って、ディープファンクに展開し始めたのでフェイドアウトしてやりましたwww

聴き所は勿論、初音さんの「くしゃみ

じゃなくて(笑)

数ある日本のファズ曲の中でも屈指と言えるイントロのファズギターになりますが

残念な事に、うまく再現出来ておりません 泣・・・

にこどうにアップする時は完全マスタ版でいけるかと思います。


そんでもって、この有名なイントロねたは、ご存知

メガ(ね)ロック界の巨匠、世界で最も長方形を愛する男、ボ・ディドリ御大の「ロードランナー」



糞かっこいい~、ディドりん!!!

僕もバンドをやるときはいつも歌ってました~

ちなみにバンドでやってたのはアニマルズのバージョンに近いかな

Eric Burdon and The Animals - Roadrunner




ロードランナーとは80年代半ばに流行ったゲームではなくて、アメリカ南部に生息してるこんな鳥の事

Roadrunner_running.jpg

鳥のくせにロードランナー・・・、飛ぶよりも走るのが得意なんだって~

アメリカの昔アニメでロードランナーとワイリーコヨーテというひたすら追いかけっこをするやつがあったが

0672bac6.jpg




ボディドリーはどうもこのアニメをモチーフに「ロードランナー」を書いた

とかいう話もあるといえばある?・・・

ということは、このリフはやっぱりアニソンに使われて然るべきだったのかもしれない~


さらに「ロードランナー」と同タイプの曲でウィリーディクソンが書いた

ハウリンウルフの「Shake For Me」がある



超くそかっこいい、ハウりん~!!
サムりんのギターも、デラくそやば~

ラテンテイストの入ったこの曲のパターンはハウリンウルフの代表的なスタイルの一つだが
ボディドリーのジャングルビートに通じるものがある。


ディドりんもハウりんも、同じブルースの名門チェスレコードの所属だったのでどっちがどう影響を与えたのかは解らないが
はうりんの方が20近くも年上なんで、ハウりんの影響をディドりんが受けてる様な気がしてます・・・

が、昔の人のことなのでわかりません



今回も動画貼りまくりで、画面が大分重たくなってますが

近々、ニコニコ動画にも、初音ミクと彼女の完全プロ志向の「ロードランナー」

じゃ無くて、「ハクション大魔王の歌」の完成バージョンをアップしたいと思います~





Theme:初音ミク | Genre:音楽 |
Category:Scene-M | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

初音ミクさん達との録音

2012.02.05 Sun
おつ~

先日、お伝えしたとおり初音ミクさん達との録音とミックス作業で、今週はいっぱいいっぱいでした~

正直、選曲がまずかったか・・・

しかも録音済みの音源に歌を乗せてもらわないといけない為、みんなの持ち味を存分に発揮出来なかった感じ

まさか完全プロ志向と野瑠木オーケストラの連中にもう一回録り直しとも言えず・・・

結局、なんとか自力で一音上げをしてギリギリ録音しました。

本調子ではないにも拘わらず初音さんにはリードをとってもらい、紹介してもらった3人の方もコーラスのみならずバッキングボーカルまでやってもらいました~。

そんでもって出来上がったのがこれ



「初音ミクと彼女の完全プロ志向」と題しまして、AKBのカヴァーでBaby!Baby!Baby!というCD化されなかった2008年のシングルのノーザンソウルアレンジです

■ボーカロイド:初音ミク(メイン)、鏡音リン、巡音ルカ、猫村いろは(バッキングボーカル及びコーラス)
キーが中々合わない中、皆さんご苦労様でした~

■完全プロ志向
メンバー:渡の瀬哲也(Dr)、喜屋武アルフォンソ(fender rhoads & B-3) 麻宮麗未(B)
サポート:渡の瀬辰男(Prc)、僕(G)、野瑠木アーケストラ&野瑠木グルーヴホーンズ


ちなみに本家はこれ



色々問題があって、レコード会社から切られていた時期に配信のみでリリースされてたくさい、まさに崖っぷち期の曲

PVはではまさかの全員、モッドワンピで全開60s!!

AKBのPVは気持ち悪いのが多い印象が強いので殆ど見たこと無いのだが、これは秀逸!!

水着のシーンとか無しで、ガチな60sで攻めて貰いたかったな

とは言え、ガチでソウルトレインをパロったPVも存在する

出てくるバックバンドと客が全員黒人!

けっこうヤバイ~

涙のシーソーゲーム / AKB48


人気曲、ヘービーローテーションのカップリング曲ですが、選抜に入れなかった人達がやっているので
一般的によく知られてる面子は出て来ません~

そんでもって、楽曲はガチモータウンです!

日本人が大好きな、You Can't Hurry Loveネタですね

80年代はこぞってみんなこのネタを使ってた感じ~

一番有名なのはこれになんのかな?

う~ん、奥居さん・・・
花粉症なのかな~(笑)

あとはこれとか


当時、キッズに最も人気あったギターが布袋モデルの横断歩道みたいな柄の入った

通称「ホテギ」だった

img_938915_37633900_1.jpg
フェルナンデスから発売されていた「ホテギ」は当時、一世を風靡したが
現在、これを持ってステージに立つ勇気のあるギタリストは皆無である・・・


一応、みんな知ってるとおもいますが、元ネタはこれ

The Supremes: You Can't Hurry Love

この曲のちゃんとした動画がyoutubeにあがってないのは何故?



Theme:初音ミク | Genre:音楽 |
Category:Scene-M | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

悪羅悪羅系ラウンジバンド「完全プロ志向」の音源

2012.01.14 Sat
僕が総合プロデューサーを務めるオーセンティックサウンドプロジェクト、M.E.Gプロジェクト

「M.E.Gプロジェクト」につきましてはこちら

60sサウンドクリエイト部門「Scene-M」のホストバンド、完全プロ志向(バンド名です)のサンプル音源を幾つか紹介したいと思います~




記念すべきMEGスタジオ録音第一弾は「コンドルは飛んでゆく」のブラジルバージョン
「コンドルっぽい鳥は飛んでゆく、泣きながら・・・」です




悪羅悪羅系ラウンジバンド「完全プロ志向」がガチでニューオリンズサウンドに挑戦した
「太っ腹酋長」はプロフェッサロングヘアで有名な「Big Chief」のカヴァー




一生陽の当たらない、謎の地下歌手Chucky Blackwellのバックを務めた「完全プロ志向」の和製R&Bナンバー

「夜汽車に乗って」

作詞、作曲、編曲プロデュースは僕がやってます。

ニューオリンズで活躍するギタリスト、新村健氏が「パキパキ」ギターを弾いてくれてます



Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:Scene-M | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。