RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

テンパンアレイ系の女子ってみんな凄いけど、ルックスは凄い××だな・・・

2009.08.30 Sun
今度、ライブ企画でボ・ガンボスのカヴァーバンドをやるらしく、ピアノの誘いを受けた。

ボ・ガンボスといえばニューオリンズ

当然のことながら、ニューオリンズピアノのスキルが求められてくる。

基本ブルースピアノしか対応出来ない俺であるが、一応ニューオリンズピアノの心得も若干あったので、ボ・ガンボスはシンプルな曲が多いから大丈夫だと思い、なんと無く引き受けてみたところ・・・

どうせキーはCとかGとかロックな感じだろうと思っていたら、BとEかよ!!

幸いフラットとかじゃなかったからよかったが、B、俺、ニューオリンズ対応できないよ~

Bなんてブルース対応もままならないのに・・・

ということで、練習をしないといけない羽目になったのだが

この際だから、ニューオリンズピアノについて書いてみっか(練習しろって!)


ニューオリンズピアノとは、なんとなくそう呼ばれているだけであって、ジャンルでいうとブルースピアノの一種といえる。

特徴としては、派手なシンコペーションと転がるような右手の経過音、ブギウギとスペイン舞踊のリズムが混在する力強い左手のリズムかな

一般的に知られるブルースピアノに比べ、圧倒的に明るいスタイルなので理解しやすく、慣れると普通のブルースピアノより演奏しやすいかも(勿論それっぽく弾ける程度の意味合いでだが)・・・

このスタイルが形成されるにあたっての歴史的な背景等はニューオリンズ音楽史やブルースピアノ史に言及しないといけないので割愛する

とりあえず、ニューオリンズピアノの代表的プレイヤーを通して実際、音を聴いてみた方が解りやすいだろう。

professor_longhair ニューオリンズピアノといったらこの人「プロフェッサーロングヘア

日本語にすると「長髪教授」か・・・
なんか、どっかの予備校にいる、うさんくさい人気講師のあだ名みたいじゃね・・・

自堕落な生活をしていたらしいが、ルックスも自堕落だ・・・しかし、演奏は凄いぞ(画像クリック)!

フェスといえばこの曲「ビッグ・チーフ」、絶対誰も考え付かない様な強力なシンコペーション
フェスがいかにセンスが良かったかを物語っている。

しかし、この頃のニューオリンズの連中の音って、なんてかっこいいだろう、バスドラ激やばじゃね?

その独創的なピアノスタイルは多くのミュージシャンに支持された・・・


dr-john-1.jpg①  
現在の音楽シーンでニューオリンズピアノといえばDr・ジョン

①ニューオリンズクラシック「IKO・IKO」の弾き語り、日本でも大瀧詠一が「ハンドクラッピング・ルンバ」でネタとして使ってる。あとウルフルズも・・・
②仲良しなミーターズと一緒にVoodooファンク!

Dr・ジョンはニューオリンズ音楽をロックシーンに紹介する媒体的役割を果たした

ニューオリンズピアノはブルースだけでなくジャズやポップス、クラシックにも対応できるのが一般的なブルースピアノと異なる点である

Tuts_Washington_48f6757ccdfe7.jpg

タッツ・ワシントン、このスタイルのおそらく初期の人物になるのかな
爺さんだから、リズムよれまくりだよ~

jamesbooker.jpg
海賊ピアニスト、ジェームス・ブッカー(画像クリック)

ジャズもポップスもクラシックもなんでも弾くジェームス・ブッカーは、おそらく最も洗練されたニューオリンズピアニストだ

booker1.gif
海賊はクラシックもニューオリンズ流(画像クリック)

強力なシンコペーションを軸としたグルーヴと、溜めに溜めた右手の転がしフレーズは芸術的だ


フランク・シナトラの再来といわれ、俳優もこなす、ハリー・コニックJrはバリバリのニューオリンズっ子

hcj-2-sized.jpg
ニューオリンズピアノシーンきってのイケメン、ハリー

師であるジェームスブッカーのスタイルをエロールガーナー的に解釈?した様なプレイはとても好感が持てる

以下、三曲続けてどうぞ

オバマに捧げるリードーシーのニューオリンズ・ファンク・クラシック!

ハリー節炸裂のダイナミックなスウィート・ジョージア・ブラウン

ジェームスブッカーマナーで軽快に

層が厚いのがニューオリンズ
あんまり有名じゃない人でもカッコいい奴がいっぱいいる

Jon_Cleary.jpg
ジョン・クリアリーさん、イギリス人です。
とりあえずみんなチャレンジしてみるビッグ・チーフ、当然こんな風にはだれも弾けない。


日本人では、70年以降のミュージックシーンは殆ど彼らが作ったといっても過言ではないエリート集団ティンパンアレイが一時期傾倒していた

松任谷正隆のニューオリンズピアノ

矢野顕子の独創的なスタイルの形成にもニューオリンズピアノの影響はみられる

akikoyano.jpg
若い頃の矢野顕子のボーカルスタイルには、少女のあやうさと、はっとする様な大人の色気が混在していた

日本のニューオリンズピアノといったらやっぱりボ・ガンボスのKyon
kyon2.jpg

Dr・Kyonが参加している日本のニューオリンズ野郎だけのピアノユニット「CRAZY FINGERS」なんてのもあるぞ
あらら、俺の先輩ピアニストのヤンシーさんも参加してるじゃん!

とりあえず、全部クリックしてくれればニューオリンズピアノの概要はつかめると思います~

ただ、ニューオリンズは本当に層が厚いんで、取り上げなかったアラン・トゥサンを初め、他にも沢山います。


スポンサーサイト
Theme:ピアノ | Genre:音楽 |
Category:グルーヴィ音楽譚! | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。