RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グルーヴ探偵ろな 第十八傷 「歌無彦、テンズになる」

2010.09.11 Sat
ハードボイルド探偵小説~グルーヴ探偵ろな!~


※これは小説です!

ついでに、この作品はフィクションなんで、実在する人物、団体とは基本的に関係無いっぽい感じです…




すっかり隔週更新となってしまったこのブログですが、今回のお話はテンズシーンの話

つか、「テンズって何なんだ?」と大概の方は思うでしょうが、テンズとは楽天で60sな洋服を買ったりする連中から出現したシーンで「楽天モダーンズ」の略称である。

参考 : そもそもズーテンって何なんだ

俺はグルーヴ探偵ろな、傷だらけさ

最近はすっかり現役引退をしてしまったが、俺はかつてテンズと呼ばれる連中の間でフェイスとして君臨するほどの存在であった

今夜は定期的に行われている傷だらけのテンズイベント、「2-4-6-8-10」、通称「ニシロヤ」に久々に顔を出すべく、テンズのホーム的なライブハウス「フライングソーサークラブ」に向かっている、泣きながら…

とりあえず俺に仕事をくれ~

それでは、第十八傷スタート!!


○月×日 フライングソーサークラブ


当方、完全プロ志向 ヤンキー不可か…

フロアへ向かう階段に貼ってあるメンボを見ながら、ふと階下に目をやると、見覚えのある一人の男が立っている



俺が以前、猫みたいな女子に「ジーンセバーグに謝れ」と言われた髪型を彷彿とさせる、見事なセシルカット

真っ青なモヘア地をベルベットで切り替えたズーテン度高めのモッズスーツ

その男は、決してこのシーンで見かけるはずの無い男だった

何故、奴がテンズシーンに?

他人のそら似か?

しかし、いくらドレスアップしても隠すことの出来ない、あの朴訥とした雰囲気は間違いなく奴のものであった


男の名前は、辺津 歌無彦(べつ かむひこ)(辺津の登場回はリンク先参照)


かつて、俺と同じ探偵事務所に勤め、後に傷だらけの演歌歌手となった、あの男だ…

先月に発売された新曲「辺津カムカム節/cw 辺津カムカム音頭」も好調で、有線チャートに近い感じのランキングで五週連続トップ10入りを果たしている

てっきり、全国の場末のスナック営業周りで傷だらけになっていると思っていたが…

こんな所で辺津に会うとは

声を掛けようと近づいた俺に気付いた辺津は、若干恥ずかしそうな顔をして寄ってきた。


「 ろなさ~ん、ひさしぶりっすね~、その節はさ~せんでした… 」


「 いやいや…、つか、お前どうしたのその格好? 」


「 俺、実は憧れてたんすよテンズ…

だから俺のバックバンドの連中と一緒にテンズバンド結成しちゃいました~

勿論、シークレットなんで俺もこのバンドでは、辺津 歌無彦じゃなくて、乱舞 烈太(らんぶ れった)ってステージネームでやるんすよ

どうすかね?
 」


「 いや…、あの… 」


「 俺、ちゃんと楽天とタゲマのタトゥーも入れたんすよ~ 」

そういうと、辺津はビシッと決めたモッズスーツをわざわざ脱ぎ始め、左胸に入れた楽天とタゲマのタトゥーを見せてきた


r.png
辺津 歌無彦の楽天タトゥー(イメージ画像)、つか、楽天市場じゃね~か!



「 どうすかね? 」


「 いや…、あの… 」


辺津よ…、色々間違っているぞ、なんだよ乱舞 烈太って

そもそもテンズは、現代の粋を追及する、真の意味でのモダーンズなのであって楽天のサポーターとかでは無い、まあでも久しぶりにあった訳だし、本人は至って真剣な様なので茶々を入れずに話を聞いてやろうか…


「 で、どんな曲やってんの? 」

「 オリジナル中心にやってくつもりすけど、今回はまだあんまり曲が無いんでカヴァー中心すね
あ、セトリ的なものありますよ
 」


そういうと、ベルベットのフラップの付いたチェンジポケットから曲順の書いた紙を取り出した


「 えーと、マンズ・マンズ・ワールドにゴーイン・トゥ・ア・ゴーゴー、アイム・ザ・フェイス…そんで
 
シャ・ラ・ラ・ラ・リー… バイス?

え? 

なんだよこのシャ・ラ・ラ・ラ・リーバイスって
 」


「 俺のおきにの501を歌ったオリジナルっすよ、言っておきますけど、あの曲とは全く関係無いっすよ 」


「 いや…、つか…

お前まさか…、バンド名、アルファベットで書いてたからちょっと気が付かなかったけどバンド名も
 」


「 シャラララリーバイスですけど、どうすか…? 」


「 ・・・ 」



傷だらけの新人演歌歌手、辺津 歌無彦のテンズバンド「シャラララリーバイス」は、フロアの微妙な反応にもめげず、初ステージをなんとかこなした。

ちなみに、次回のライブの予定はまだ決まっていない…


■次回予告


次回から、いよいよ新シリーズ~完全プロ志向編~が始まるかもしれません。

ネタはしこんでありますので、どうぞご期待的な…




~辺津 歌無彦~

今度の歌無彦は小粋なニューリズム演歌!!

辺津 歌無彦、2ndシングル


「 辺津カムカム節/cw 辺津カムカム音頭 」


有線チャートに近い感じのランキング、無駄に5週連続チャートインくさい…


スポンサーサイト
Theme:自作連載小説 | Genre:小説・文学 |
Category:グルーヴ探偵ろな | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。