RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グルーヴ探偵ろな 「結構まじめに書いたよジャズの歴史~ハーレム時代~」

2010.08.28 Sat
グルーヴィ音楽譚!というカテゴリで書いていたJAZZの歴史シリーズも、番外編として小説に統合(カテゴリはそのままにしておきます)
これまでの設定、おっさん(俺自身)がジャスミンというJAZZを擬人化した仮想女子を通してJAZZの話を聞くという感じをそのまま踏襲し、グルーヴ探偵ろながリアルジャズエイジを生きてきたと語る、風変わりな女子からJAZZの歴史を聞くという話で進めます~

参考までに今まで書いたJAZZの歴史はこんな感じ

結構まじめに書いたよジャズの歴史~ニューオリンズ編~
http://ronna1210.blog46.fc2.com/blog-entry-8.html

結構まじめに書いたよジャズの歴史~ジャスミン、シカゴへ行く~
http://ronna1210.blog46.fc2.com/blog-entry-24.html


俺はグルーヴ探偵ろな、傷だらけさ…


○月X日 蒼林檎

今日は奥からふたつめのカウンター席には座らない

今夜は女子と会うのだ

待ち合わせの時間には、あと15分程あるのだが、女子は既に奥の真っ赤なシイトにもたれかかる様にしてタバコをくゆらせていた

お客さんがお待ちっすよ…

おかみさんが相変わらずのファムファタルな表情で、奥のシイトの方へ視線を移す

こちらに気付いた彼女は、口紅と唾液でしっとりとしたフィルターを灰皿に置くと、人懐っこい笑顔と猥褻な流し目でグルーヴしてみせる…

素性も判らない、正体不明の女子

女子の名前はジャスミン、通称ジャズ…

自らを「JAZZの化身」と言う、謎のフラッパー



ろな : やぁ、ジャズ、早く着いたんだね。今夜はどんなJAZZの話をしてくれるんだい?

ジャズ  :  そうそう、シカゴを脱出してエリントンとニューヨークに向かったところからね
当然、ハーレムに行ったんだけど、まぁあそこは白人社会
エリントンが出てたコットンクラブなんてまさに象徴的で白人向けの黒人偏見に満ちたエンタテインメントが展開されてた
ジャングルみたいなやつとか…


51G7B90QK4L.jpg 
R・ギアとD・レイン主演のコッポラ作品「コットンクラブ」で映画化もされている
ジャズやダンス、ブラックエンタテインメントがふんだんに盛り込まれたこの作品では、キャブ氏の「ハイデホー」シーンがみれる(画像クリック)


ろな : コットンクラブ的なパフォーマンスは日本では、新東宝のセクシー映画での三原葉子のダンスとか、カンザスシティで流行ったブギウギと一緒にされて、笠置シヅ子の「~ブギ」とかで見られるね


笠置シヅ子 / ジャングルブギ
http://www.youtube.com/watch?v=MNsHFxBg8J0


ジャズ  :  あそこの客は白人限定だったので私は舞台裏から覗かせて貰ってたんだけどね…(そもそも、私って何人なんだっけ?)
ハーレムのシーンは確かに偏見的なパフォーマンスが多かったけど、エンタテインメントとしての質の高さとスケール感は格別だったわ

ジャズ以外にもビル・ボージャングル・ロビンソンのタップダンスも凄かったし、キャブキャロウェイも!!

bill.jpg  9990_normal.jpg
元祖「ぱーでんねん」男?、ビル・ボージャングル・ロビンソンはキングオブタップダンサー。
そして、ポスト「ぱーでんねん」男、スーフリの和田さん…
黒人芸能の中でも重要な位置を占める「タップダンス」は後にジェイムズ・ブラウンに受け継がれ、マイケルジャクソンの「ムーンウォーク」を生むこととなる。

ビルおじさんとニコラス少年ズによるタップ映像と和田さんによるパラパラ映像を見てみよう、これぞエンタテインメント(笑)!!

Nicholas Bros + Bill Robinson in The Big Broadcast Of 1936 (1935)
http://www.youtube.com/watch?v=-5iYRHTMwqw&feature=related

和田さんの「スーパラ」
http://www.youtube.com/watch?v=doXuJxMiTDw&p=261EB8A8D1E829C2&playnext=1&index=8


ろな : ジャズは和田さんとも知り合いなの?

ジャズ  :  え…、何?…

ろな : いや…、あの… さーせん…何でも無いです

ろな : キャブも観たんだ

ジャズ  :  勿論、キャブったわよ~
彼はエリントンがニューヨークを留守にしてる間にコットンクラブで人気者になったの。ダブダブの派手なズートスーツ姿で「ハイデホ~」とか言ってね

超人気物になっちゃって50年代には「ベティ・ブープ」でアニメにまで出ちゃった!

3200070191.jpg o0450124910151440913.jpg
コットンクラブの人気者、キャブキャロウェイ(左)とド派手なズートスーツの男子(右)
キャブ氏のリアル「ハイデホー」を観てみよう(画像クリック)
60sのモッズスーツとは対照的にブカブカ仕様のズートスーツは40年代初頭にジャズマンの間で流行したくさい

ちなみにキャブ氏と丸大ハンバーグの間で訴訟が起こったという話は聞かないっぽい感じ

_090107_marudai_cm.jpg
「大きくなれよ~」で有名な、丸大ハンバーグのCM(画像クリック)
ぶっちゃけ、「丸大ハンバーグ」ネタはキャブキャロウェイを語る時に必ず上ってくる定番のネタである…



ジャズ  :  キャブバンドにはディジーガレスピーが居たのよ~。喧嘩して辞めちゃったけど…

ろな : なんで喧嘩したの?給料払わなかったのかな…

ジャズ  :  いや、面倒見のいい人だったから給料払いは良かったみたい。でもなんか、ステージ上でディジーの唾がかかったとかで、喧嘩になっちゃってディジーはキャブの足をナイフで刺しちゃって…

ろな : やっぱディジーは問題児なのか…

ジャズ  :  そうね、トランペットの腕もミュージシャンシップも抜群なんだけど、やんちゃな性格だったわね

ろな : ニューヨークにも沢山友達が居たと思うけど、ジャズがよくつるんでた人とかっている?

ジャズ  :  ファッツウォーラー! 日本で言えば、せんだみつお系のブサかわ面のピアニスト、いやスーパーピアニストね

もう兎に角、派手に遊ぶ人で、三日三晩寝ないで死ぬ気で遊び、後の四日は死んだように眠る生活を送ってたから、一緒に遊ぶとヘトヘトになっちゃうけど(笑)

遊びも派手だったけど、才能は超一級品ね。エンタティナーとしてもだし、なんといってもピアノ!
オルガンなんかも弾いてたけど、ピアノのセンスはとにかく抜群よ!



Fats Waller
いい顔してる、ファッツウォーラー、ジャズスタンダードとなっている自作曲「浮気はやめた」の映像でも道化っぷりを存分に発揮している。当時の黒人かわいこも多数登場!!(画像クリック)
彼のスタイルはラグタイム由来のストライドピアノと呼ばれるもので、演奏難易度が高く、今ではすっかり廃れてしまったが、当時のハーレムでは主流のスタイルだった


わかりやすいストライドピアノの映像

ライオンさんが「ストライドピアノの父」と呼ばれていたJ・P・ジョンソンの「キャロライナ・シャウト」を弾きます

Willie The Lion Smith - Carolina Shout
http://www.youtube.com/watch?v=Xv8iulkthUM



ジャズ  :  そう、カッティングコンテストなんていう「勝ち抜きピアノバトル」みたいなのも盛んに行われてたわね
ファッツの師匠のジェイムズ・P・ジョンソンとかウィリー”ライオン”スミスなんかが有名だったけど、カッティングコンテストで最大のインパクトは、やっぱりアートテイタム!

ジャズピアニストの範疇を軽く超えてたもん

クラッシックの連中すらも、こぞってテイタムの演奏観に来てた感じ


ART TATUM
恐ろしく早いパッセージを正確無比にこなす、彼のゴットハンドが紡ぐプログレッシブなストライドピアノはポストストライドの幕開けだった。
彼以前にこれほどのテクニックを持ったジャズピアニストは存在しなかった。そして未だに彼を超えるテクニックを持ったプレイヤーは現れていない(画像クリック)



ジャズ  :  テイタムをみて、おっさん達は「俺らの時代は終わった」って言ってたわ

ろな : ニューヨークはシカゴに比べて洗練されてたみたいだね

ジャズ  :  うん、シカゴは結局、田舎から出てきた連中としか遊んでなかったから、都会のフィーリングを知ったのはハーレムね

ろな : ニューヨークの後はカンザスシティに行ったんだっけ?

ジャズ  :  ハーレムにカウントベイシーが来た時に、カンザスの話を聞いたの

「トム・ペンダーガストっていう極悪政治家が街をしきっててやりたい放題だぜ~」

って言ってて面白そうだから行ってみたの

カンザスには結構居たんだけど、忘れられない運命の出会いがあったわね…


pender.jpg
いい感じに悪党面のペンダーガストさんは、警察も政治家も賄賂で抱きこんでやりたい放題やってたっぽい


ジャズ  :  あれ、もう12時過ぎ…結構いい時間になっちゃったわね

この話始めると朝までになっちゃうから、そろそろお暇するわ~、家帰ってテレビ見ないと…

それじゃ探偵君、またね~、ゴチで~す


ろな : え、あぁ…


さっき頼んだアマレットのカクテルを半分以上残して、彼女は行ってしまった


ろな : おかみさ~ん、じゃ俺も今日は失礼するかな~


止めたはずのたばこを揉み消すと、おかみさんはゆっくりと伝票を打ち始めた

探偵さん…、今日の払いはきついかもよ


おかみさんのファムファタルな表情に心なしか同情の念が伺える…

恐る恐る伝票をみると、

4万2千円…」


一体、このレトロスナック「蒼林檎」でどうやったらこんな額を使えるのだろう…

辛うじて財布に五万円程入っていたので、なんとか支払いを済ますと俺はすっかり肩を落として店を後にした

泣きながら…
スポンサーサイト


Theme:JAZZ | Genre:音楽 |
Category:グルーヴィ音楽譚! | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<グルーヴ探偵ろな 第十八傷 「歌無彦、テンズになる」 | HOME | グルーヴ探偵ろな 第十七傷「メロンの気持ち…なんてわかんね~よ」>>

no subject

取材代に4万もかかるとは・・・お疲れ様ですね。
- | モス子 | URL | 2010.08.30(Mon) 11:21:56 | [EDIT] | top↑ |

no subject

ジャズの歴史シリーズはまだまだ続きがあるんだけど、今の時点で4万使っちゃったら今後が心配だ~。
ニコラスブラザーズのタップ映像カッコいいよ~
- | ろな | URL | 2010.08.30(Mon) 13:21:49 | [EDIT] | top↑ |

no subject

タップかっこいい~
つーかスーフリ和田さんの映像まで見れるとはおもいませんでした。なんかただのおっさんだよね・・・
- | モス子 | URL | 2010.08.31(Tue) 14:52:02 | [EDIT] | top↑ |

no subject

糞ガキのダンスがいいよな~。
おっさんは糞ガキが苦手だけど、糞ガキのダンスは好きなんだ~。

スーフリの「パラパラ」映像はあるけど、スープリの「バラバラ」の映像はありません…(笑)
- | ろな | URL | 2010.08.31(Tue) 17:49:34 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/101-8ca2e5a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。