RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グリッチと具体音~三年前、おっさんのCDをアマゾンで注文したら到着に二ヶ月かかったっぽい

2009.11.23 Mon
グリッチ(Glitch)とは

電気用語としては、入力信号遅延時間の差が原因で生じるパルスの事
音楽用語として使う場合はグリッチ(パルス)によって生じる誤動作が生み出すノイズ、及びあらゆる原因で発生するデジタルノイズを指す




グリッチという手法を音楽シーンに広めるに当たって大きな役割を果たしたのは、90年代ドイツに現れたOval

CDの盤面をマジックペンで汚し、わざと音飛びを起すことで得られる音を使ったサウンド構築は、それまで完全に無視する対象であったデジタルノイズに新しい可能性を見出し、グリッチノイズが多くのクリエーターに注目されるきっかけをつくった
oval_systemisch.jpg
Ovalは96年にはすでにこんなことやってた~(画像クリック)

ネガティヴな要素の再利用と言うのは音楽に限らず、意外と良く知られた手法
音楽でいえば、例えばアナログレコードのノイズはデジタル化した音楽シーンでは積極的なエフェクトとして歓迎されているし、古くはギターの歪み音も過大入力による雑音であった。

さらに、アフリカの民族音楽では・・・って、
また、おっさんの「ノイズ論」や「濁点論」に触れ始めるともはや終わらなくなってしまうのでこの辺で・・・

しかし、Ovalの登場辺りから、電子音楽シーンでは単純にエフェクトとしての再利用ではなく構築手段の一つとしての利用が積極化しているな

現代のミュージック・コンクレートともいうべきこの手法は音楽の可能性を無限大にしたといえる。

進歩はやがて原始へと・・・


おっさんがこの手法(グリッチを含む、具体音の再構築)を積極的に認識したのはビョークのアルバム「ヴェスパタイン」だった
ポップノイズをスネア代わりに使い色とりどりの具体音がゆったりとした音の揺らぎの中で共鳴しあい飛び交う

今まで聴いた事の無い構成要素が生み出す感動的なグルーヴに、反省すら覚えたものだ。

B0012PYGR0_09_LZZZZZZZ.jpg
おっさんが当時夢中だった曲、コクーンのライヴ
やっぱやばい・・・

丁度、フジロックでビョークを観たのもその頃

バックでMatmos(たぶん)が一緒に来ていて輪ゴムをはじく音をその場でサンプリングして、ループを作っていた~

当時、セカンドアルバム制作に取り掛かっていたおっさんは、コンピュータベースの音楽製作(DTM)において、このビョーク体験により、具体音の可能性を追求する方向に走ってしまい、楽器演奏が物凄くへたくそになってしまった

pro-gure.jpg
一枚も売れなかったおっさんの傷だらけセカンドアルバム「pro-gure」
もう何処にも売ってません・・・
つか最初から何処にも売ってなかった~(泣)


先日、前に座っていた女子に書いてもらったアーティストにMachine Drumというのがいて、それに関して調べていたら出てきた言葉がGlitch Hop

ほう、最近はこんな呼び方されるのか~

所謂HipHopのリズムにグリッチ的手法を取り入れたものっぽい
ビョークと同じ時、フジロックに出てて、かっこよかったprefuse 73なんかがこのジャンルでは有名みたいだ
410-2.jpg
ライブでは生ドラムを使ったりしてグルーヴィなステージを展開してた
なかなか仲良くなれなかった?ヒップホップとエレクトロニカの連中が一緒に楽しめるアーティスト

■グリッチの歴史

この手の手法を始めて実践したのは日本の刀根康尚っぽい
彼は80年代、CDメディアの盤面の加工(傷)による ディストーションを利用した音楽作品を発表している。
以後、電子音楽の加速度的進歩により90年代に現れたovalによって認知されることとなったグリッチは具体音の再構築とともに、ミニマルやエレクトロニカシーンに多大な影響を及ぼすこととなり、先進的なアーティストはこぞってこの手法を取り入れた。

例えば
Jahcoozi - 80sのテイストをうまく生かしたポストハウス的なグリッチサウンドを展開

Alva Noto - 龍ちゃん先生(坂本龍一)とコラボ経験ありのミニマルグリッチの人

ryouji ikeda - 日本の代表的グリッチャーといえば池田 亮司


■グリッチに呼応するモダンミュージック・コンクレート

ミュージック・コンクレートとは、具体音(楽器音を使わない音)で構成された実験音楽の事で50年頃フランスで始まった。
現代ではサンプラーの技術が著しく進歩し、エレクトロニカの世界では単純なサウンドコラージュレベルではないグルーヴ要素として具体音は重要な役割を担っている。

グリッチアーティストではないが、具体音を中心にグリッチも取り入れているミュージシャンがおっさんは最も先進的なアーティストだと思っている
705707.jpg
マシューハーバートはこの手法をハウスミュージックの中で実践しポップミュージックシーンでの可能性を提示した。
さらにオーケストラの中でも・・・(画像クリック)


■グリッチ及びモダンミュージック・コンクレートが投げかける問題点

現代のミュージック・コンクレートともいうべきこの手法は音楽の可能性を無限大にしたと書いたが、その手法はテクノロジーがあってからこそ発展したものである

音楽のアンドロイド化・・・

現在、電子音楽で活躍するクリエーターの多くがMAX/MspやREAKTORといったソフトを使用している(おっさんも持ってるがまだ使ってない~)
これらのソフトを使えば、グリッチサウンドは比較的容易に構築出来る(ただ、使い方覚えるの大変じゃね)

サンプリングやシーケンス音といったものは、三十年も前から一般的でありテクノロジーと音楽と言うものの関係は昔から非常に密であるが、最新のコンピューターによる音楽製作はソフト主義の時代の只中にある。

クリエイトというよりもジェネレート(自動生成)の時代

画一化された特定のソフトによるジェネレートにより多くのアンドロイドミュージックが生まれる

Oval はOval Processという「誰でもOval になれるソフト」を作ったが

どのソースを使うかよりもどのシステムを使うかに注目が集まる時代は、音楽にとって果たして幸せなのだろうか

ovalprocess.jpg
なかなかいいジャケ、Oval Process

音楽回帰主義者のおっさんはこの現象にどう答えを出していいのかまだわからない


スポンサーサイト


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
Category:グルーヴィ音楽譚! | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |
<<東映~グルーヴィずべ公譚「本日のズベ公映画 vol.1」 | HOME | デリカテッセン(映画)~日本のこぎり音楽協会というのがあるっぽい>>

no subject

フジロック、あれが最初で最後だな~いまのところ。
このへんはうちのチャンマンの専門分野だな~
- | モス子 | URL | 2009.11.25(Wed) 15:21:09 | [EDIT] | top↑ |

no subject

あんまこの辺は興味無いんだっけ?

チャンマンもグリッチは使うだろうけど、具体音を積極的に使った曲とか作って欲しいな~
- | ろな | URL | 2009.11.25(Wed) 23:11:10 | [EDIT] | top↑ |

no subject

いやいや。

ほら、買ったじゃないさ。
- | い | URL | 2009.12.09(Wed) 18:23:52 | [EDIT] | top↑ |

no subject

>ほら、買ったじゃないさ。

ありがとうございます~

そのうちまた音楽制作始める~

今度はもう少し傷だらけにならないでつくるぞ!

多分・・・

こっちもようやく1000カウント!!
- | ろな | URL | 2009.12.09(Wed) 23:46:51 | [EDIT] | top↑ |

no subject

おっ、それは楽しみですな。

1枚目も2枚目も興味深かったんで、気長に楽しみにしてますよん。




それ聴いたら、完全に中二病から脱却できるかもしれないし。
- | い | URL | 2009.12.10(Thu) 11:27:34 | [EDIT] | top↑ |

no subject

男は基本中二だって
中二に始まり中二で終わる・・・

原点は中二にあるのだから
- | ろな | URL | 2009.12.12(Sat) 00:14:31 | [EDIT] | top↑ |

no subject

うっそ、結局あんなものにまみれて終わるのか・・・


僕の中二病の根幹は、君の影響大のはずだから責任とってね。
ヨロ。
- | い | URL | 2009.12.15(Tue) 10:41:29 | [EDIT] | top↑ |

no subject

中二のグルーヴはそう簡単に消えないよ
「中二の魂、百まで」って言うだろ・・・
- | ろな | URL | 2009.12.16(Wed) 01:12:27 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/33-04540782

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。