RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グルーヴ探偵ろな! 第五傷 「新木場的な・・・ 傷だらけの新人、辺津 歌無彦」

2010.03.15 Mon
■□グルーヴ探偵ろな!■□

俺はグルーヴ探偵ろな、傷だらけさ

前回のあらすじ・・・的な・・・

結局、採用したスーパーフリーター、木村よな
次はいつ登場するのかはまだ未定(笑)

誰か俺に仕事をくれ・・・


某月◎日 レトロスナック青林檎


新木場的な…、あなただから…、どうか海を見ないで、
あたし、あたし、あたしだけ見て~



こってりとした6拍子に演歌然とした泣きのメロディ、大仰な歌詞が小節(こぶし)と共に傷だらけのグルーヴを放つ・・・

「おかみさん珍しいですね、演歌かけるなんて」

「そうね、ほらこの前、音楽事務所の社長っぽい人が来てたじゃない、あの人が置いていったのよ。最近、面倒見ている傷だらけの新人なんだって・・・」

止めたはずの煙草をくわえながらジーンハーロウの様なけだるい眼差しでそう答えた

俺はこの曲を知っている・・・

「新木場的な・・・」

それがこの曲のタイトル、そしてこの歌を唄っている男も知っている

辺津 歌無彦(べつ かむひこ)

「傷だらけの新人」というキャッチコピーで先日デビューした若手演歌歌手である

その歌唱は力強く、しゃくりあげる拳と小節(こぶし)のグルーヴは全盛期の五木ひろしを彷彿とさせ、更には山本譲二的「みちのく感」、鳥羽一郎的「漁港感」まで内包するスケールの大きなものだ


氷川きよしの様な華やかさこそ無いものの、スポーツ刈りで男らしい朴訥としたキャラクターも、実に好感がもてる大型新人

実はこの男、以前、俺がハイサークルタウンに事務所構える前、同じ探偵事務所で働いて居た元探偵なのだ

探偵業よりも歌う事が好きだった奴は、夜な夜な場末のスナックで自慢の喉を披露していた
そんな時に、今の事務所の社長っぽい感じの人に拾われたらしい

マイトガイ(1)を気取って、剥き出しのガットギターを背負い事務所に現れる事もしばしばで、そのたたずまいから、ついたあだ名は

「探偵渡り鳥」

奴もそのあだ名を大いに気に入っており、「男…探偵…渡り鳥…」という曲を自作し、「自分のテーマ曲だ」と言ってみんなに聴かせてまわって、微妙な顔をされていたのを覚えている。

俺は奴の唄が好きだった、特に「船頭小唄」は絶品で、それはもう「昭和の枯れすすき」そのもの、とても平成の若者とは思えない掠れた昭和のグルーヴを見事に体現していた。


そんな奴が泣きながら電話をかけて来たのは昨夜、ちょうど夜中の12時を回った頃だっただろうか…
只今、全国の場末のスナック傷だらけ行脚中らしいのだが、どうも女にフラれたらしい…

奴には四つ年上の女がいた
まだ探偵をやっていた時分に一度写真を見せてもらった事があるが、まぁ平たく言って「かわいこちゃん」
辺津の様な男がこんなかわいこを一体どうやって手に入れたのか不思議に思っていたのだが…


『 結構マジで「応援してる感」出ててたんすよ…、そりゃあ駆け出しのミュージシ
ャンなんて甲斐性無いかも知れないすけど、結構マジで「あなたについていく感」
出てたんですよ…、結構…マジで… 
それなのに、「もう無理」とか言い出してメールのレスもめちゃ遅いんすよ 』


「女子心は木村カエラの髪型位変わりやすい」とだれかが言っていたが、
辺津よ、女子心はそんな物じゃね。

熱しやすく冷めやすい…、女子の心は金属の華びらで出来ているんだよ

まして、かわいこなんて生き物になってくると殆ど猫みたいなもんだ。
うっかり、餌を与え忘れようもんなら、身の振りは早い…

次に顔合わせる時にはもう、「シャー」っと逆毛立てられるのがオチだ。

彼女の態度は嘘じゃない、少なくともその時は本当におまえを愛してたんだ…、
でも、愛は絶対的ではあるが永続的では無い…
無常であるからこそ、そこにロマンとグルーヴが生まれるのだ


『 もう、訳わかんないっすよ…結構マジに何度説得しても「無理」「もう決めたから」の
一点張りっすよ、新曲「辺津カムカム節」の録音も控えてるのに、こんなんじゃ俺、結構マジで…』

食い下がろうとするのは抗し難い男の性だが

辺津よ、乗り越えるんだ…歌無彦!

お前が乗り越えなくてはならないのは自尊心、そしておまえのエゴだ

傷付き打ちのめされればされる程、歌無彦の小節(こぶし)は益々切れ味と色気を増す・・・
泣きながら発するグルーヴは傷だらけの蒼い山脈をよじ登り、場末のスナックにこだまする
そして頂上に着いた頃には、スパンコールの効いたジャケットが良く似合う
「め組」の棟梁的な感じ?になれるだろう…


shogun09.jpg
め組の棟梁


(1) 日活黄金期の人気を博した「渡り鳥シリーズ」で知られる小林旭の愛称、ダイナマイトの様に「危険で熱い男」の意


■次回予告

いつもの時間、いつものレトロスナック青林檎

おかみさんから、「ある飲み物を探して欲しい」との依頼が…
おかみさん、やっぱりあんたそうだったのか…

次回、グルーヴ探偵ろな 第六傷 「タゲマ愛…、傷だらけのドリンクは低カロリー」にご期待!的な・・・


とりあえず・・・最後に一応・・・

ムード演歌の決定版!!

辺津 歌無彦、デビューシングル

「新木場的な・・・」cw おかえり待ってたよ・・・


有線チャートに近い感じのランキング、無駄に爆進中っぽい…
スポンサーサイト


Theme:自作連載小説 | Genre:小説・文学 |
Category:グルーヴ探偵ろな | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<グルーヴ探偵ろな! 第六傷 「タゲマ愛…、傷だらけのドリンクは低カロリー」 | HOME | ロングポイント~長いのは襟だけで十分じゃね>>

no subject

出来たら森進一も入れて欲しかった・・・
- | い | URL | 2010.03.24(Wed) 12:48:27 | [EDIT] | top↑ |

no subject

歌無彦はハスキーボイスでは無い設定なので・・・(笑)
- | ろな | URL | 2010.03.25(Thu) 21:08:24 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/56-c8085ea9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。