RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グルーヴ探偵ろな! 第七傷 「グルーヴ女探偵よな? 私、探偵に向いてるっぽいかも…」

2010.04.04 Sun
■□グルーヴ探偵ろな!■□

俺はグルーヴ探偵ろな、傷だらけさ

今回から暫く俺は登場しない感じ…
「木村”チェリー”よな」のエピソードが思いのほか長くなってしまったので彼女に任せるとする
そんでもって長くなってしまった事に伴い、タイトルも急遽変更となりました

とりあえず、誰か俺に仕事をくれ・・・



私は木村よな

傷だらけの探偵風情の元でバイトを始めてまもなく三週間になるが、あの探偵の
おっさんとはどうも気が合わない様な気がする(口に出しては言わないが私はあの探偵風情の男の事を「おっさん」と密かに呼んでいるのだ)

おっさんは私が冗談で言った「チェリー女史と呼んで下さい」を真に受けて

「ようチェリー、今夜は下のレトロスナックで一緒に一杯やるっぼくね?」

と、あつかましくも毎日誘ってくる

そのわざとらしい独特な曖昧表現の美学も理解出来ないし、いちいち油
っぽいやり口も毎日接しているとだんだん胃がもたれてくる

なんというか…、ぶっちゃけてしまうと生理的に受け付けない…

しょっちゅう「仕事が無い」とか言っているが、仕事が無いのは仕事を探さないからだ

探偵のくせに探さないとは、どういうつもりなんだろう

その事を問い詰めたところでどうせ

「俺はグルーヴィなものにしか興味が無いのさ…」

とか油っぽい事を言われてはぐらかされるのがオチだろう

私が今やっている仕事は、おっさんが「グルーヴリスト」とか呼んでいる膨大な資料のデータベース化だ

オラクルマスターの資格を持っていると言ってしまったばっかりに

「じゃ、パソコンでグルーヴサーチ出来ると便利っぽい気がするかも…」

とか言われて検索システムを構築させられる羽目になってしまった...

資料は、紙データからメディア、パソコン、ウェブリンク・・・、様々な所に混在している為、一元化にはかなりの労力を要する

今日はおっさんのプライベートのノートPCからのデータ吸出しを行ったが、ちょっとしたイタズラを仕込んでおいた

男のプライベートPCといえば、最も重要な問題は、秘蔵動画の隠し場所であろう

私はこれを探すのが非常に得意なのだ

子供の頃に、お父さんがヘソクリと一緒に隠していた秘蔵ビデオを発見し、おかあさんに見つかるよう、わざと食卓に置いておいたのをきっかけに(計らずも、妹誕生のきっかけになってしまったが…)

おにいちゃんのも、元カレのも、そのまた元カレのも…

何処に隠そうが私には通用しない、どんなに厳重に管理されていたとしても、必ず見つけ出すセンスが私には備わっているのだ

そう考えると実は、探偵という仕事は私の天職なのかも…

おっさんの保存スタイルは至ってシンプルである

一般的な、「外付けハードディスク保存型」だ

デスクトップにあったショートカットフォルダの中に、それと思しきショートカットが一つ

クリックしてみると案の定、リンク先が見つからない

リンク先がGドライブとなっていたのを見ると秘蔵動画はGドライブで間違いない

あとは実際の外付けドライブ探しである

常に携帯しているとは考え辛い…

ここは自宅兼事務所なので、おそらく隠し場所は彼の寝室?

寝室はトイレの横の三畳程の狭い部屋で、正直なところ、脂ぎったおっさんの寝室など入りたくは無いのだが、走り始めた私の探究心は躊躇う事無く、寝室のドアノブを回させた。

汚い部屋…、ただ男子特有のそれとは違う汚さだ

おっさんは元「テンズ」?とかズーテンとか呼ばれている「レトロな粋」を追求する連中の中では有名な人物だったらしいので、洋服に対するこだわりは尋常では無いのだが、扱いは非常に雑、クローゼットに入りきらない色とりどりの洋服達がそこらじゅう、中途半端にたたまれた状態で無造作に積み重なっている

そういうところも気に食わない…

こだわるならこだわるで管理まで徹底してやって欲しい

つい、たたみ直して整理したい衝動に駆られたが、証拠を残してしまうと厄介だ

この手の作業には現場保全が鉄則、現状を維持したままめぼしい所を捜索してみる・・・

ここは寝室、プライベートな空間なので、それほど厳重に管理しているとは考えにくい、クローゼットの上や机の上、手に取りやすい所に置いてあると考えたのだが…無い…

一応、クローゼットの中も探ってみたが、色とりどりの洋服(意外とかわいいのがあったかも・・・)がしまってあるだけであった

となると、寝室ではない?

とりあえずオフィスに戻ってデスク周り等、めぼしい所をあたってみるが見つからない…


結局、それは意外な場所から見つかった・・・

冷蔵庫の中…


冷たい物が苦手な私は、温かいお茶やコーヒーしか基本飲まないので、冷蔵庫はまだ開けた事が無かったのだ

中々、粋な隠し場所だと思いながら、ひんやりとしたその黒い箱をおっさんのPCに繋ぐとビンゴ!!

「グルーヴ動画」と名付けられたフォルダの中から膨大な数の秘蔵動画ファイルが見つかった

任務を終えて一段落ついた私は、カレルチャペックで買ったお気に入りのハーブティで一息…

990-1.jpg
チャペックのハーブティ

達成感と共に弛緩してゆく身体…

しかし新たな欲求がムクムクと湧き上がるのを感じずにはいられなかった


「この動画ファイルをすべて削除してみたい…」


私の中の小悪魔が流し目でウインクしてみせた

しかしいきなり削除して、そ知らぬ顔をする様な無粋な真似はしたくない…

そこで私は、小悪魔的なイタズラを仕込む事にした

おっさんのPCからデータの吸出しを行っているのは、おっさんも知っているので、私が作業した形跡が残っていても不信感を抱かれる心配は無い、むしろそこを点いて罠をしかける

デスクトップに「よな作業」というフォルダを設けて、中に「よな専用【クリック厳禁】」というファイルを置いておく、このファイルをクリックした時にもしもGドライブに例の秘蔵ドライブが繋がっていた場合は、おっさんが好きだと言っていたチャイコフスキーの「悲愴 第四楽章」の物悲しい調べと共に秘蔵動画をすべて削除する仕組みだ

私は時々、こういった小悪魔的な悪戯をするのが好きなのだ


それはいいとして、今、私はハイサークルタウンイーストストリートのカフェ「蜂船」に向かっている途中なのだ

そこで大好きなお友達、妖精の様な女の子「宮崎そら」ちゃんと待ち合わせ

どうも、私に頼みたい事がある様なのだが…


■次回予告

私は木村よな、女探偵かも…

ここはハイサークルタウンイーストストリートのカフェ、「蜂船」

私はここに居る時が一番落ち着く…


次回こそ、グルーヴ探偵ろな 第八傷 「グルーヴ女探偵よな? 森ガール(ex マンバ)の女、宮崎そらの依頼」 にご期待!的な・・・



スポンサーサイト


Theme:自作連載小説 | Genre:小説・文学 |
Category:グルーヴ探偵ろな | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<楽天~天プラへの道 | HOME | グルーヴ探偵ろな! 第六傷 「タゲマ愛…、傷だらけのドリンクは低カロリー」>>

no subject

あれ??
続き何気に楽しみに待ってます。
別人格で描かれる”おっさん”がことのほか的確でおっさんの客観力を感じました。
あ、先日すみませんでした。仕事帰りのいっぱい・・・近々よろしく。
- | mossxo | URL | 2010.04.15(Thu) 13:56:47 | [EDIT] | top↑ |

no subject

有難う!

最近、音楽的な事にグルーヴ持って行かれてしまってて更新出来ない~

けど、かなり思いがけないグルーヴを用意してるよ~
宮崎そらのエピソードは「眠れる森ガール」編と題して数話にわたる予定!!

乞うご期待!的な…
- | ろな | URL | 2010.04.15(Thu) 20:41:56 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/59-5f2bb24b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。