RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

エンゼル・ハート~プレ猫パンチのミッキー~

2009.10.25 Sun
前回、ミッキー・ローク傷だらけ復活について触れたが

セックスシンボル時代(猫パンチ前夜)には、なにもチャラついてばかりいた訳ではなく
非常にキケン且つスタイリッシュな問題作で見事な演技を見せてくれた


1955年、しがない私立探偵に舞い込んだ一人の有名ミュージシャン探しの依頼・・・

エンゼル・ハート(87米)

アラン・パーカー監督が放ってしまった、オカルト・ハードボイルド・サスペンスの最高傑作である。

「悪魔との契約」をテーマにした禍々しい空気感は、オカルト映画の金字塔「エクソシスト」や「オーメン」などにも全く引けをとらない。

後のホラー描写に大きな影響を与えたと言われる、古いエレベーター、暗闇で回る換気扇等の陰湿な映像

煮え切らない展開の中で次々と起こるショッキングな猟奇殺人・・・

驚愕の事実による悲惨なラストシーン・・・

どこをとっても実にスタイリッシュで風格がある

2トンもの牛の血を天井から降らせたといわれる、ミッキーと黒人少女の血塗られたセックスシーンの強烈なインモラルグルーヴは圧巻だ。

しかし、「悪魔との契約」とミュージシャンと来るとどうしても思い浮かぶのが

そうロバート・ジョンソン・・・

robert-johnson.jpgクロスロードで悪魔に魂を売ったとされるロバジョン
ロバジョンの音楽とその意義は後ほど、「グルーヴィ音楽譚!」の方で取り上げるとする
とりあえず「俺と悪魔と」を聴いて(画像クリック)


この映画はほぼ間違いなく、ロバート・ジョンソンの伝説を元としている
実際、捜索を依頼されているミュージシャンの友人役で戦前から活動しているリアルブルースマン
ブラウニー・マッギーが出演している。

Sonny20Terry20-20Brownie20McGhee_68507.jpg
サニー・テリー(後)&ブラウニー・マッギー(前)の名コンビ(画像クリック)

もう一つ重要なのが「ヴードゥー教」
ヴードゥー教はアフリカや中南米で信仰される土俗的な宗教で、ゾンビ的な話で知られるが
その特異性から、しばしば邪悪な宗教とされ、古くから邪悪さを出す為のネタによく使われた
この映画でも悪魔信仰的イメージとしてヴードゥー教が使われている
短絡的にヴードゥー教と悪魔信仰を結びつける様な古臭い手法は出来ればとって欲しくなかったのだが、ロケーション的にはとても効果的な結果を生んだ

北アメリカにおいてヴードゥー教が盛んなのは南部ルイジアナ州、中でも最初にヴードゥー教が入り込んだ地がニューオリンズ

失踪したミュージシャン探しの舞台はニューオリンズの小さな村なのだ

ニューオリンズのイメージといえば音楽の街、賑やかなブラスバンドやジャズに満ち溢れたポジティブなイメージ
しかし、この映画で描かれているのは閉鎖的で不気味なニューオリンズである

陽気な音楽がより一層不気味さを増すのだ

そして不気味さを決定付けるのが、ロバート・デニーロが怪演する依頼主”ルイス・サイファー”の存在
事件の全貌が見えた時、彼は自らの正体を明かす・・・

Louis Cyphre・・・
Lucifer・・・
ルシファー・・・

それにしても、ミッキーロークカッコいいな
angel-heart.jpg
ハードボイルドなやさぐれ気味の探偵、ハリー・エンジェル
猫パンチ前夜のミッキーは本当に格好良かったのである(画像クリック)


スポンサーサイト


Theme:映画レビュー | Genre:映画 |
Category:グルーヴィ洋画譚! | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<沢尻エリカ~辛酸なめ子は高城剛に苛められてたっぽい | HOME | 昔、井の頭公園で、抱かれたい男No1時代のとよえつを見たけど、常盤貴子はいなかった~>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/73-770a8531

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。