RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

真木よう子~福山と海援隊のコラボがある臭くね?

2009.07.20 Mon
真木1 
  先日、YAHOOニュースで真木よう子が大河ドラマ「龍馬伝」で福山扮する
  坂本龍馬の妻、お龍役に抜擢されたという情報を得た。

  一年位前に、うだつの上がらない(失礼・・・)元俳優(今はリリーフランキー
  の元で作家を目指してるらしい・・・)との「電撃できちゃった婚」(ま、デキ婚
  は普通電撃だが・・・)以来、産休に入って音沙汰の無かった彼女が動き
  出した。



芸能三流ゴシップに目が無い俺、とりあえずこれを契機に福山と一発グルーヴィなスキャンダルをかまして欲しい。



正直、真木よう子の結婚生活は長く続かないと俺は見ている。

彼女は今の所、大人気女優というわけではないが、やはり元俳優との結婚は「格差婚」と言わざるを得ない。

子供がいるので、早々離婚という事は無いだろうが、まだまだ活躍が期待されている女優であるし、このタイミングで早くも女優復帰という意気込みにも家庭で大人しくしているタマではないことがうかがえる。

この手の結婚は大概、上手くいかないもんだ・・・、

松雪泰子とスリルのギタリストの結婚が長続きしたのは驚きであったが、広末にしろ宇多田にしろ林檎にしろ、予想通りの結果であった。

今年の注目は、やはり押尾と矢田の傷だらけ夫婦と沢尻と高城のテンポラリー夫婦(ここは格差じゃなくて、歳の差が問題)だが、真木よう子夫婦もおそらく・・・


って・・・、俺、どんだけゴシップ好きなんだよ

ちなみに松雪泰子は堤真一とそろそろ・・・と読んでいる。

堤は小雪との交際が取り沙汰されてもいるが、やっぱり俺としては随分前から交流がある二人にグルーヴを期待する。


堤真一の役者グルーヴは平成の俳優の中でもぴか一、モテるんだろうな

次回は堤真一論にしよう(あ、メタル侍わすれてた)。


つか、そろそろ真木よう子について書かないと、だめじゃね・・・


彼女のそれは、グルーヴそのものである。

うっとりする様な楕円の中に浮かぶ濡れた瞳は、傷だらけの娼婦の様に俺を惑わし、無垢な少女の様に純ロマンの世界に俺を誘う。

中谷美紀でも、柴崎コウでもない・・・梶芽衣子とも違う・・・、

実にFATでしなやかな、真空管の様な眼差し・・・真木よう子は平成眼力女優の最高峰である。

さらに、理想的な口元の黒子の配置、華奢な四肢とはまるで相容れない乳房の勾配・・・。


すでに存在そのものがグルーヴという、非の打ち所の無い存在感


俺、生まれ変わったら、真木よう子になりたい・・・。


二十代の女優、特に前半には上野樹里を筆頭にゴールデンエイジとも言うべき世代が存在するが、そういう連中も含めても、真木よう子の存在は圧倒的で、群を抜いている。

中学卒業後、仲代達矢の「無名塾」に入り、早くも大抜擢、堂々とした女優人生をスタートさせたらしいが、仲代に喧嘩を売って退団!

なんとも凄い女だ・・・

若かったとはいえ、業界屈指の役者、自分のボスにあたる大先輩と喧嘩する度胸のよさには恐れいる。

権力に媚びず、結果を出せる本物の女優、真木よう子


真木よう子のスタイルは、何かに特化したワンアンドオンリーなものではない、松ケンが「カメレオン俳優」などと呼ばれるが彼女もまた「カメレオン女優」というべきスタイルだ。

彼女のカメレオンっぷりを堪能できるのが、昨年、テレ東で放映された「週間真木よう子

テレビドラマのタイトルに自分の名前が付いてしまうなんて、真木よう子ならではだな。

このドラマ、真木以外のキャスト、スタッフが毎回変わるオムニバス形式という、連続物としては非常にユニークな作品。

オープニングの強烈エログルーヴ流し目クラブシンガーに始まり、ジャンキーずべ公、東映系グルーヴ姐御、ちょっとおばかな不思議っ子・・・

話ごとにイメージを見事にかえる、真木流カメレオングルーヴ

真木グルーヴを堪能したいのであれば、まずは「週間真木よう子
をClick is Cool!?

活動は今のところマイペースな感じなので、凡庸な作品に頻出している時期も無く、作品はそれ程多くない。

映画出演もそれ程多くなく、一般的に有名なのは西川美和監督「ゆれる」のつり橋から落ちるオダギリジョーの元カノ役だろう

主演作となると「ベロニカは死ぬことにした 」だけかな、この映画は真木のヌードと大胆なセンズリシーンがフィーチャされており、そこがグルーヴポイントと思われがちであるが、そんな力技に頼らなくとも、真木の気を吐いたテンション溢れる芝居で十二分に真木グルーヴは堪能できる。


さらに彼女は、かっこいい女優、上司にしたい女優といった「ポスト篠原涼子」的、「女子があこがれる女優」の最右翼とも目している。

今後、大河をきっかけに、認知度は確実にアップして行くであろうし、話題作への出演機会や、持ち前のタフなグルーヴを活かした、決して媚びない女性像や、クールなアンチヒロイン etc・・・、篠原涼子を更に進化させた、次世代のかっこいい女優として活躍してくれる事を楽しみにしている

ずばり、目下のライバルは吉瀬美智子だろうな!!!

二人のポジション争いも・・・・

しまった、またキーパーソン出しちゃったよ~

近々、吉瀬美智子についても書かなくちゃな。

とりあえず、女子のみんなは、確実に真木よう子をCheck it Grooveじゃね!!!

スポンサーサイト


Theme:女優 | Genre:アイドル・芸能 |
Category:グルーヴィTV譚! | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<吉瀬美智子~AVで「美しすぎる議員」シリーズってまだ無いっぽくね | HOME | シーラカンスって喰えんの?>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/89-888190d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。