RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グルーヴ探偵ろな~眠れる森編~ 第十三傷「眠れる森 第二部」

2010.06.26 Sat
■□ハードボイルド探偵小説~グルーヴ探偵ろな!~■□

※これは小説です!

ついでに、この作品はフィクションなんで、実在する人物、団体とは基本的に関係無いっぽい感じです…


俺はグルーヴ探偵ろな、傷だらけさ

今回はついに宮崎そらと林田守がご対面!
謎に包まれた宮崎そらの真実が明らかに…なるのは次回っぽい感じです
ちなみに、ザ・ブラームスとザ・キューセーシュのユルい対決とかそういう場面はありません、さーせん

とりあえず俺に仕事をくれ~

それでは、第十三傷~第二部~スタート!!


~ザ・ブラームス 演奏スタート~

ステージに現れた木こりの格好をしたザ・ブラームスに、少数の声援がまばらに飛ぶ

モリー!かわいい~!!

背の高い森ガールが大きな声でエールを送るも、ボーカルの林田は見向きもせず、ふくよかな中低音でオープニングナンバーのタイトルを告げる

憧れのアテナイ!

ファズ全開のイントロに乗って、ザ・ブラームスの演奏が始まった


海に抱かれた女神の~み~や~こ~


GS然としたユニゾンボーカルにあわせて、ハイジやクララっぽい女子が踊り出す

お客こそ少ないもののフロアはライブの臨場感で揺れ始めた

しかし…

宮崎そらはまだ来ない…



MCも終わり、ライブは中盤へさしかかる

みんなの大好きなロックンロールをやるぜ!ヒッコリー・ベイビー!

静かな森の~ (ヘイ・へヘイ)

木陰で見つけた~ (ヘイ、ヘヘイ)

あぁ、妖精の調べ

ヘイ、ヘイ、ヘヘイホ~


ファンタジー路線とは一線を画す、グルーヴィなR&Bにフロアはヒートアップ

私の隣では、青白い顔をしたスキンズが肩で息をしている

あ、挨拶遅れました

私は木村よな、女探偵かも…


宮崎そらが現れたのは、その曲が終わった直後であった


~対面 宮崎そら~


はぁはぁと肩を揺らしながらフロアの扉を開けると、4人の木こり達が演奏をしている

ザ・ブラームスだ

よかった、間に合った…

私はステージの上手に、オカッパ頭を揺らして歌う林田を確認した

この波動…

奇妙な緑色のステージ衣装を着ていても、やっぱり感じる…

あそこに立っているのは、紛れも無く林田守だ

守は私に気が付いているだろうか…

守…

波動が私を震わせる

緊張と疲労はやがて蕩けそうな意識の中で、まるで霧の様に希薄になってゆく

もう少し

もう少しなんだよ、守…

だから私の方を向いて

私に教えて…

私を助けて…


弛緩してゆく精神と肉体に、バンドの音と映像が距離を置き始める

その代り、朦朧とした妄想が耳鳴りと共に姿を現した

いつもの陰鬱な妄想

どろどろ溶けてゆくもう一人の自分、そしてその傍らにたたずむ、みはぐ?

あれはみはぐ?

みはぐ…

そうだ! 今日は守がそばにいるんだ、思い切ってそのみはぐらしき幻影に話しかけてみよう


私の憧れ、コンプレックス、カリスマ的マンバだった私の姉、みはぐ…


おねえちゃん、どうして急にいなくなったりしたの?


いたって直入な私の問いかけに、みはぐらしき幻影は微笑みながらなにやら口ずさみ始めたのだが…

聞こえない…

聞こえない…


私は必死で耳を傾けるが、聞こえない…

あぁ、またいつものように混乱が広がり始め、私もみはぐも鈍い耳鳴りと共に混沌の渦へと飲み込まれて行く…

守、助けて…


そらちゃん…


私を呼ぶ声が聞こえる、守?

守なの?

鈍い耳鳴りが一際大きな音を立てると、私は我に帰った

大丈夫?そらちゃん…

目の前に立っていたのは、木村よなであった

よなちゃん、ごめんね…全然連絡出来なくて…
私ちょっと、色々と止まってしまってて…


うん、こっちは大丈夫だよ
それより、そらちゃんのほうが大丈夫?凄い汗だし、とりあえずライブも終わったから外に出て落ち着こうよ


ステージの方に目をやると、守は居なかった

フロアではスタッフが掃除の準備を始めている

一体どの位、私は妄想の中に居たのだろうか…

私は木村よなに連れられる様にフロアを後にした

真っ赤なランプの踊り場を抜けて階段をのぼると、入り口の辺りに緑色の衣装を着替えてフレッドペリーのポロシャツとクロップドパンツにデッキシューズになった森ボーイが立っていた

林田守

こちらを見つめる眼差しのなんと柔らかな事、私が居たのに気付いていたのだろうか…

何も告げずに私を一人にしておいて、どうしてあんな顔が出来るのだろう

私は、私はずっと、ずっと!!

噴出しそうにグルーヴし始める鼓動を抑えながら、我を忘れ、私は林田守に声を掛けた

守くん?



■次回予告

長々二ヶ月位かけてやってきた~眠れる森~編もやっと終わらせられる…

次回、グルーヴ探偵ろな~眠れる森編~ 第十三傷
「眠れる森 最終部」にご期待!的な・・・
スポンサーサイト


Theme:自作連載小説 | Genre:小説・文学 |
Category:グルーヴ探偵ろな | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<グルーヴ探偵ろな~眠れる森編~ 第十三傷「眠れる森 最終部」 | HOME | グルーヴ探偵ろな~眠れる森編~ 第十三傷「眠れる森 第一部」>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ronna1210.blog46.fc2.com/tb.php/95-9a6097b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。